歯周病の進行と症状(グローバルと異なる内容でOKか要確認)
歯周病の進行と症状(グローバルと異なる内容でOKか要確認)

歯周病の症状

気になる症状を見てみましょう。

歯周病の症状

  • 歯ぐきからの出血

    歯ぐきの出血

    健康な歯ぐきは出血しません。歯磨きの時に歯ぐきから血が出たら、それは歯周病のサインである可能性があります。

    歯ぐきからの出血は、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊が、歯の周辺や表面、歯と歯の間に蓄積されることにより引き起こされます。この細菌がきちんと取り除かれていないと、歯ぐきが炎症を起こし、出血を伴う場合があります。歯磨きの時に血が混ざっていたら、歯周病の初期サインの可能性があり、歯の喪失へ至る最初の段階にあるともいえます。

    詳しく見る

  • 口臭

    歯ぐきの細菌拡大図

    口臭にはさまざまな原因がありますが、歯周病のサインである可能性もあります。

    プラーク細菌の蓄積は、歯ぐきからの出血の主な原因の一つで、口臭を引き起こすことがあります。口中の細菌が食物残渣を分解すると、不快な臭いを伴うガスが放出され、これが口臭となります。口臭は後ろめたさを感じるだけでなく、歯周病の初期症状の可能性もあります。

    詳しく見る

  • 歯ぐきの腫れ

    歯ぐきの腫れ

    歯ぐきは、腫れたり、炎症を起こすと、赤くぶよぶよした状態になります。これは歯周病の初期症状である可能性があります。

    歯ぐきの腫れや炎症の主な原因は、プラーク細菌が歯の表面や周辺、歯と歯の間に蓄積することにあります。歯を磨いて、歯垢をきちんと取り除かないと、歯ぐきが炎症を起こす可能性があります。炎症は歯を支えている歯槽骨にまで広がり、さらには重度の歯周病に進展することもあります。

    詳しく見る

  • 歯ぐきの後退

    歯ぐきの後退

    歯ぐきの後退とは、歯ぐきが下がり、歯根が露出してくる状態を指します。

    歯ぐきの後退による初期症状の一つとして、知覚過敏が挙げられます。また、歯が通常よりも長く見え、見た目の変化に違和感を覚えることもあります。歯ぐきの後退は多くの人に見られる症状ですが、歯周病の可能性もあるので放置しないようにしましょう。

    詳しく見る

  • 歯の喪失

    歯のぐらつき

    最も重度な歯周病の状態の一つが歯槽膿漏です。歯槽膿漏になると、歯を失う恐れがあります。

    歯槽膿漏とは、歯を支えている歯周組織や歯周靭帯、歯槽骨に起こる細菌感染症のことです。歯ぐきからの出血といった歯肉炎による症状をそのまま放置しておくと、歯槽膿漏になることがあります。歯槽膿漏によって破壊された組織は修復不可能となり、歯の喪失をも招く恐れがあります。初期症状の段階で治療を行い、さらに悪化しないようにすることが大切です。

    詳しく見る